2008年09月03日

何故に???

ついさっきね、「りんごんご」リーダーのZackyさんから
「ジョイマン」

「ナイツ」
教えてもらったです。
(You Tubeでその名前で検索かけると、ネタが見られます!)

今、ナイツを肴にうまい酒飲んでます! さんきゅー!!
----

ところで、久々のブログ再開に、いろいろコメントいただいて、ありがとうございます。
実は、いろいろ書きたいことはたまりにたまってたわけなんですが、それを書き止めておいたりしない、無精者の私がおりまして。

とりあえず、今日は、記憶を紐解いて、「なんで、アコーディオンなん??」ってところについて、ちょいと触れたいと思います。
-----

前のブログとかMixiとかで、ラテン系というか、中南米系の音楽好きって書いた気がします。

どっちかといえば、なぜか寂しさをかもし出す、カリプソとかもよし。
愛情と隣り合わせで、なんとなく乾き感も感じられる、ボッサもよし。

でも、5、6年前のある時期、ヨーヨーマのタンゴのCD聴いて、すっかりタンゴのとりこになりまして。
このCDのバンドネオンがまた、すごい哀しいの。聴くだけで泣けるんです。(本当に泣けますよ。酒飲んでると。)
これがそのCDどす。
好みもございましょうが、ご興味あれば。

ま、そんな理由で、3年ほどまえに、バンドネオンやるぞー!とばかり、勝手に

バンドネオン基金

を自分で発足しました。

ところが、バンドネオンは非常に高価、かつ、良品を手に入れるのが困難とのコメントをみて、臆病者の私は
「私は半端物をつかまされてしまうわ。。。」
と怖気づいたのでした。

そうこうしている間に、スティールパンはじめて、なぜか、ウクレレもそこからつながるようにはじめて、で、アンデスに至ったわけです。
(微妙に鍵盤路線に引き寄せられている感はある。。。と無理やりこじつける。)

もちろん、設立したバンドネオン基金から

スティールパン購入
ウクレレ購入


アンデスは普通に購入。

-----

そうこうしているときにふと参加したアンデスフェスVol1にて偶然、Pan Cakeの大塚さんと出会いまして、で、次の週、PanCakeライブにでかけ、大塚さんのアコをみたとたん、

おいら、これ、やりてー!雷

という気持ちが抑えられなくなりまして。

そのとき、運がいいのか悪いのか、ボーナスってものが入ったばかりで気がどっかーんと大きくなってまして、
「大塚さんっ!私、アコーディオン、すぐ買えますっ! どんっ(衝撃)
(なぜなら、まだバンドネオン基金も少し残っているからっ!とは言わない)
って勢いでした。

さあ、このあと、私はどうしたでしょうか。

続きはCMの後で。

-----
じゃなくて。。。

今日はとりあえず、前回のブログで録音したものを、アコーディオンにしたらどうなるかってことで、とりあえず、Around the World (80日間世界一周)のウクの旋律部をそのままグランデに置き換えてみました。

Around the World −クレオちゃん(ウク)[シリーズ1に掲載したもの] (2008/02/12録)


Around the World −グランデちゃん (2008/07/21録)


伴奏はまーったく同じのを使って、旋律だけ音変えたんですけど、音の持つ雰囲気と、ちょっとした崩しだけで案外変わるっしょ。
初回のとんぼのめがねとは違う音色を使いました。今回はミュゼットトーンです。
今回は、得意な右手だけで弾きました。でも、じゃばらっちの操作は必死どすえ。
posted by すみす at 22:18| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。