2008年09月27日

左手

おとつい、
「とんねるずのみなさんのおかげでした」
見ました??

『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』
で、マニアックものまねの巨匠、
ウクレレえいじさん優勝!

さすが、巨匠!おめでとうござりますっ!

-----

さて、今日はウクレレでコード押さえる
「左手」
アコーディオンでもやっぱりコード押さえる
「左手」
のことをちょこっと書こうかと。

ちょっと前に、アコーディオンを始めて触ったときのこと、書きました。右手の鍵盤はいちお見ることできるんですが、左手は、見ることができんのです。もう
体で覚えるしかない
わけで。

体で覚えるとはいえ、左手の並び順は基本的にこんなです。

Hidari-te.jpg

さりげに、この上段から2つめの真ん中へんのCが二重丸になっております。実際、アコーディオンのこのCのボタンには凹みがついてて、指の感覚で、ここがCって分かるようになっておるんです。

ちなみにこのCはベース音(単音)で、これを押すと、ド(C)の音がでます。

このCの斜め下にCM(Cメジャー)があります。このボタン押さえると、ドミソの和音がでます。この3段目にはメジャーコードのボタンが並んでます。

CMの斜め下にはCm(Cマイナー)。この4段目にはマイナーコードのボタンが並んでます。

Cmの斜め下にはC7(Cセブンス)。この5段目にはセブンスコードのボタンが並んでます。

C7の斜め下にはCd(Cディミニッシュ)。この6段目にはディミニッシュコードのボタンが並んでます。おいらのグランデちゃんには、この6段目はございません。

さて、Cの隣には、Cの5度上のGが。その斜め下には、GM、Gm、G7、Gdの順に並んでます。

Gの隣には、Gの5度上のD。もちろん斜め下には、DM、Dm、D7、Ddの順で並んでまして。

横並びのほうは、こんな感じですべて5度間隔にボタンが並んでます。(これ、スティールパンの音の配置と一緒ですな。)

ってことは、C-CM、C-Cm、C-C7、C-Cdの指の形と、移動先の距離間さえ覚えれば、あとは、ウクレレのセーハみたいに、簡単にコード移動できちゃうんですね。

と、理屈では理解。体での習得はまだまだ。

-----

今日は、こないだゆんさんからリクエストいただいたこの曲を。昔、サントリーのコマーシャル(だっけ?)で、ヨーヨーマがこれ演奏してたんですな。

リベルタンゴ (2008/09/15録)
My SoundからMusic Trackへリンク移しました。

バンドネオンのあの哀愁こもった音はでませんが。。。
posted by すみす at 13:27| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。