2009年03月08日

しみじみ

昨日は、かつてロンドンにて苦楽を共にした仲間たちと

しゃべりつづけ
飲み続け
食べ続け

ました。。。

やはり不景気ゆえ、話題の多くは、「会社で最近キビシクなったこと。」

みんな大変です。ふぅ。
しみじみします。

----

そんななか、おとついは、ライブバーライラにて、
梅津和時さん
のライブを聴きに行ってまいりました。
梅津さんのサイトへのリンクを変更いたしましたー。

演歌をサックスで吹かれるということで、何も予備知識もなく出かけたのですが、のっけから

ガツーン

とやられました。。。

梅津さん、一見淡々としたたたずまいでありながら、いやはや、内面に荒れ狂うマグマみたいな感じで、すげかったです。

唐獅子牡丹、夢は夜ひらくあたりの、魂の叫び系サックスもしびれまくりだったのですが、最初のバスクラリネットがもうすんごくて。

途中、循環呼吸でプレイされているときなんか、ほんと、別世界にいってしまいそうでした。クラリネットにあんな音があったのかぁ、という驚き。
なんか、ホーミーみたいな神秘的な響きなんですわ。
ほぅ。。。

思わずCDもいただいてしまいました。
特製、はんこ(ナンシー関さんみたいな、消しゴムはんこなんどす)も押していただいたどころか(もちさん、朱肉ありがとございます!)、CDには梅津さんの自画像アンドサイン!!

CD1.JPG

CD2.JPG

この自画像さまが、またただの自画像ってだけじゃないのよねー。
このプチ心憎さがたまりませぬ。

大事にいたします。

-----

今日落ち着いて、バスクラリネットソロのCDを聴いてみましたが、やっぱいいっ!
バスクラのソロで、ここまで入り込めるって。。。。

-----

今日は、そんな梅津さんにインスパイアされ、演歌をやろうと思っておったのですが、CDの中にあった一曲が、ぜったいアンデスにあうと思ったので、急遽予定変更してやってみました。

Star Of The County Down (2009/03/08録)


どうもアイルランドの古い歌のようです。アイルランドの民謡ってなんか日本の民謡とか演歌に通じる部分がありませんか。妙にしみじみします。
ちょっとテンポが揺れてるのと、ちょっとばらっとしてるのは十分承知しております。。。おまけにアンデスの音域にない下のEの音を、むりくりFの音を弱く吹いてごまかしてEのふりしたりもしております。
全部まとめて、許して。

実はダブリンに旅行したことあるんで、その写真つかおうかと探したのどすが、ほとんど写真が残っていない!
よくよく考えたら、ほとんどずっと飲んでいたよな気が。。。。
残念!
posted by すみす at 15:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。