2010年07月18日

リセット

もうかなり前になってしまいますが、

グリおライブ終了しましたっ。

4757308589_da6f626116_m.jpg

4757950642_68809dee3c_m.jpg
Rinさん、写真ありがと!!

おいでくださった皆様、ほんとにありがとうございます。

演奏機会重ねる度に、いろんなことに気づかされ、さらに改善していかなければと心新たにします。今回は特に、私自身の改善点がたくさん見えましたです。

これをはげみに、もう少し、アンサンブルとして進化できたらいいなと思っとります。ひょっとしたらしばらくお休みかもですが、次回はさらに進化したものをお聞かせしたいっす。

-----

と、すっかり更新が遅れてしまって、記憶も薄れ掛けてしまうほどなのですが、ま、こんな更新遅れの理由のひとつが

パソ(2005年購入のVAIO)が悲鳴をあげていたexclamation×2

からでございまして。

またもや、予想外のCドライブの劇的なデータ量の増加に悩まされた私、
以前このブログでもご紹介したツール
Acronis Disk Director Personal
で再パーティション変更を試みまして、成功したかに見えたのですが。。。

なんと、一部ファイルがクラッシュし、テレビが見れなくなり。
こちらのブログ参照方。私、パソでテレビを見ていた人ざます。)

どうしても見たいテレビは携帯でみつつ
(WorldCupはワンセグで見ましたよ。ったく。)
パソではラジオを聴くなどしながら、だましだまし使っていたら、今度はハードディスクが、

きーっ、ぷるぷるぷる、がちゃこんがちゃこん

と音を立て始めまして。

で、ついにシステムダウン頻発。

もうアプリケーションは最小限しか同時に立ち上げないようにして、CPUの負荷あげないように使っていたのですが、何もしてないのに、なんかずっとパソのファンが回り続けててうるさいのなんの。

あー、そろそろやばい!なんとかしなきゃ!と思ってたら、私がちびっと体調崩しまして、そのままパソはほったらかし。

-----

やっと体調も復活したし、パソのバックアップとって、システムリカバリするしかないかなーと思ってたら、バックアップソフトまでクラッシュしてる始末!

おまけに、ウイルスチェッカーのウイルス定義ファイルも、Updateできないわ。

キーッどんっ(衝撃)

-----

なわけで、泣く泣く、必要なファイルだけ手動バックアップして(とはいえ、このファイルたちがまともに動くかについて、いまいち微妙なのだが。。。)昨晩ついにシステムクリーンアップ、再インストール。

再インストールして、気がついたのが、クラッシュの原因は、Acronisが、VAIOが切ってほしくないサイズでむりやりパーティションを切ったからであろうことが、判明。

ちゅーか、VAIOも取説に書けよなー。
ちゅーか、推奨してない方法で、無理やりパーティションを切ろうとした、私のほうが悪いという話ね。すいません。

-----

5年前に購入したときの状態に戻ったVAIOちゃんであったが、5年前の状態っちゅーことは、Windowsの更新を5年分する必要があるっちゅーことだったりする?

なことだったみたいです。(全部ではないんでしょうが、何時間もかかって、何回も更新かけてましたよ。VAIOは)

で、VAIO自体のSWアップデートも5年分必要あるっちゅーことだったりする?

それもそんなことだったみたいです。

ウイルスソフト、何回もライセンス更新してるけど、状態戻せるわけ??

それこそ、そういうことにしてほしかったのに、こちらは、どういうわけか修復不可能で、結局、最新版を30日間無料で使うことに。

ったく!

なこんなで、とりあえず、テレビのほうは見れるようになり、昨晩は終了。
テレビの見れる生活って素敵っすね。
と改めて思ふ。

-----

で、本日は、まず多重録音環境の修復から。

いままで使っていた、Radio Lineを再インストールして、今までのプロジェクトファイル開こうと思ったら、開けないでやんの!

インストールするフォルダが悪い?といろいろやってみるもだめ。

キーッ!

まあ、このごろ、RadioLineにもちょくちょく不満を感じ始めておったので、ソフト変えてみるのもいいのかなと、まずは、結構みなさんお使いになられてるという

Audacity

をダウンロードして使ってみる。

が、どういうわけか、録音途中に、ソフトが勝手におちてしまう。
何度やっても、途中で落ちる。

よさげなソフトなのになー。
VAIOとの相性が悪い??

インストール場所を変えてもダメなんで、さっさとあきらめる。

-----

で、今回インストールしたのがこちら。

Kristal Audio Engine

Radio Lineのときにほとんどなかったレイテンシーは、こちらはかなりあるので、かならず修正の必要があるのですが、それ以外は、すべてRadioLineを上回ってますな。
Effectもかなりいろいろかけられる(かけやすい)し、多重でありながら、Live感がでるような仕上がりにもできます。多トラックの録音も可能。

-----

ちゅーことで、今回は練習で、

以前録音したブラジル(ウクレレ+スティールパン)に
小太鼓、アゴーゴ、クラベス、マラカス、鍵ハモ、バスメロ、アンデス
を加えた、合計8トラックで多重録音してみました。

鍵ハモには、少しコーラス加えて、アコーディオンのミュゼットトーン風に、あとは、全体に、小ホールなみの反響を加えて、仕上げをしてみました。

ちんどんやさん風です。とにかく、多トラック録音を試したかったということで、出来については許して。

ブラジル (2010/07/18録)
Music Trackへリンク

-----

それにしても、何事もだましだましやるってことは、決してよくないなと、今回はパソコンから教えられた次第。

これでパソも私もリフレッシュできれば、まさに結果よければすべてよしということです。
posted by すみす at 15:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。